使い回しは危険

実印イメージ

実印、認印、銀行印は各々使い道が違うが、実印を認印として使う事や、銀行印として使う事は出来る。
実印は印鑑登録をしてある印鑑の事なので、代用出来るが、登録をしていない認印を実印に使用する事は出来ない。

しかし実印1つだけで、全てを済ませるのはあまり良くない。
何故ならば、もしも悪用された時、紛失した時など、全て同じ印鑑で済ませていたら、金銭トラブルや、手続きなど色々とリスクがある為、分担した方が良い。
個人印でなくとも、法人(会社)印だった場合は、契約の数も多いと思うので、なおの事使い分けするべきだ。

一番使用頻度の高い認印には、シャチハタタイプと三文判(朱肉を付けるタイプ)があるが、軽く考える物ではない。
実印と認印では法的効力は同じだからだ。ともすれば、大量生産の認印は危険である。

しかし、手彫り、手仕上げ、全て機械など、印鑑の製作工程は、どれ位手彫りかは店の方針によって違う。
それは自分が何に重点を置いて選ぶかによるが、長く使う物だし、大切な物だからこそ、少し高くても安心出来る店で購入するべきだと思う。

印材も、沢山種類があるのだが、最近はエコ印材と呼ばれる動物の牙を使っていない木材の物が出ている。
こうして歴史ある印章の文化も、地球環境を考慮したものや、セキュリティ、デザイン性など時代と共に変わっていくのだなと思う。

変わっていくもの、変わらない伝統、これからの日本が日本らしく、誇れる文化として繋いでいけるといいなと思う。

ページの先頭へ